HOME>イチオシ情報>歯のコンプレックスをプロの手によって解決

医療のネットワーク

男女

東京には、虫歯や歯周病の治療を中心に行う「歯科」と異なる仕組みの「矯正歯科」が展開されています。矯正歯科は、ワイヤーなどを使い、歯を正しい位置に移動させるための治療院です。しかし、噛み合わせをよくしたり、審美的な目的での矯正治療も行ったりしています。男性や子どもより、女性に比較的多いのが、顔の歪み(アンバランス)へのコンプレックスで、矯正歯科は美容整形の枠組みにも値しています。治療も、矯正のみ・矯正と補てつ・補てつのみ、という内容です。どの治療にもいえるのですが、治療が終了した後も、定期的な経過観察や手入れが必要で、メンテナンスサービスも付帯されています。患者の主訴や病歴などは、総合歯科や一般歯科、口腔外科などに持ち込まれます。医療業界の連携により、適した治療院として矯正歯科が紹介される仕組みですから、無駄にあちらこちらの病院に赴かない、そうした連携もあります。

治療にかかる期間はケースバイケース

マウスピースと歯科矯正

東京の矯正歯科での治療では、どれくらいの期間がかかるのかと問われれば、矯正のみの場合には1年から2年ほどです。ただ、虫歯や歯の根の治療が必要になるケースもありますし、矯正歯科では万が一を想定しています。矯正の後戻りを防ぐために、ワイヤーが外れた後は、歯の状態に応じてリテーナーを使います。ちなみに、ソフトリテーナー、リテーナーという段階的に行うことで、ワイヤーを外した時より噛み合わせを良くすることまでができるようです。

費用対効果のため

歯科矯正

矯正の治療費も約100万円、自由診療になる補てつをプラスできる東京の矯正歯科では自己負担になることを事前にしっかり説明してくれます。なお、矯正中に虫歯が見つかった場合の治療は、保険外となる自費です。費用をかけるだけ効果はありますが、器具などが無駄にならないため、治療中にはブラッシング指導が定番化しています。抜歯は不要とはいいますが、親知らずのみは例外で、きちんと噛む、健康のために抜歯することもあるようです。

広告募集中